2013年10月27日

提灯奉迎という感謝の気持ち

天皇皇后両陛下がご来熊された。


熊本に来てくださる事への感謝の気持ちを表す行事、提灯奉迎に行ってきた。



新聞でも取り上げられていたし、写真のように告知もされていたのでご存知の方も多いでしょう。
あ、ちなみに提灯奉迎という行事自体熊本でも珍しいことだそうなので(熊本では14年ぶり)私もよく知りませんでした。今回私の記録の為にここに残します。そんなの知ってるよーっていうご存知の方はさらっと流してくださいね。
それで提灯奉迎の内容は後ほど詳しく書くとして、この新聞広告の言葉についての説明を先に書いておきます。

天皇皇后両陛下熊本県行幸啓の『行幸啓(ぎょうこうけい)』という言葉。
天皇陛下がお出ましされること、外出されることを『行幸(ぎょうこう)』という。
そして皇后陛下がお出ましされること、外出されることを『行啓(ぎょうけい)』というそうだ。

今回は両陛下が熊本へお出ましされるとのことで『行幸啓』という言葉が使われている。

日本語には天皇家にしか使用することができない言葉がたくさんある。近年いろんな新聞でもそういう言葉が使われなくなった。

新聞記事で天皇皇后様ご来熊なんて書いてあったらさすがにみなさん変に思うでしょ?

この告知素晴らしい。
美しい日本の美しい日本語をなくさない為に一つ一つきちっと覚えておきたいと思っております。

あ、ご挨拶またまた遅れました。
こんにちは!
はじめましての人ははじめまして!

今回も八景は延期です・・・すみません。
前回の自治基本条例については機会を見てまた書くかもしれません。

ということで、提灯奉迎に戻ります。
提灯を配る時間が6時半だということで、5時過ぎに熊本城の開かずの門の方へ行ってみると・・・


写真の場所は熊本城稲荷神社前ですがまだ1時間半あるのに開かずの門まで420mの行列でした。

提灯は5000個ということだったのですが大丈夫かなぁなんて思いながら時間が過ぎ5時半ごろにはもう後方は市役所前を過ぎ見えなくなった。

この時点で行列を取り仕切っている方はいません。
いないのに自然と並ぶ人たちにわたしは気持ちがいいなって思ってました。割り込みも全然できる状態なのにみなさん後ろに並んでいかれて、これこそが日本だって実感いたしました。

6時を過ぎたころ開かずの門が開き場内で提灯が配られた。

私は無事頂くことができました。
私のあとしばらくして配布分が無くなったとの放送がありましたので軽く5000人はこえていたのだと思います。

提灯が無くなる最後の方はさすがに押し合いになってもらってた。さすがにそれはしょうがないなって思った。怪我人などでなくてよかった。

そして日が暮れて照明に照らされる幻想的な熊本城を間近に見、
ろうそくに火を灯してという合図の後、提灯奉迎の始まりである。


*.♪★*・゜・*♪*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.♪★*・゜*.♪★*・゜・*♪*.♪。★*・゜*.♪

この瞬間を私は待ちに待った。

まず国歌斉唱。

これも和歌の形式をふまえて二回斉唱。
わたしの後ろの年配の女性の国歌がうまくて気持ちよかった。
両陛下と一緒に歌うことができることの喜びを噛み締めながら歌った。
うれしくて涙が出そうだった。


両陛下はどこにいらっしゃるかというと、熊本城から見える日航ホテルの最上階の一番左の部屋にいらっしゃって、こちらの声を無線でつないでるということだった。

その部屋に入られる前に一度電気を点け入られたら消すということで両陛下が入られたということを表すそうだ。

そして提灯奉迎。
天皇皇后両陛下御来熊ありがとうございますの呼びかけの後、ありがとうございますと言いながら提灯を横に振る。

天皇陛下万歳の呼びかけの後は万歳と言いながら縦に提灯を振る。


基本はそういうことだった。ありがとう御座いますは左右に振って、万歳は縦に振る。

それを10分ぐらいだったかな?何度も振る。

日航ホテルまでは距離があるため、はっきりとは見ることはできない。だけど両陛下もお持ちになってる提灯が揺れてるのは見えた。

私達と一緒に提灯を振って心を通わせる儀式だった。

これでやっと私も日本人になれたと実感できた。って書くとそれまで日本人じゃないみたいだなw
書きなおそうかな。
これでやっと私も日本人で良かったと実感できた・・・とは違うんだよな。

やっと身も心も日本人になれた!が正解かな。うん。

とても素晴らしい日になった。


夜の熊本城へ入る機会もなかなかないので熊本城の写真も撮ってきました。



両陛下は全国豊かな海づくり大会の為行幸啓されている。

天草牛深でも明日関連行事が多数行われるようだ。

その中の14:00から後浜漁港では稚魚放流行事が行われる。

これには話によると両陛下が水俣で放流される映像を生中継で牛深でも映して、そして両陛下から県立劇場の開会式で分けて頂いた稚魚を同時に放流するらしい。

この設備が牛深に来ることも今後当分ないでしょう。このこと自体も嬉しいのですが、稚魚放流なんて自然保護の為よくやってるよとか言われそうですけど、今回は一度両陛下の手を通っているということ自体が凄くてとても嬉しいのです。

とても魚たちが増えそうな気がします。いや絶対増える。古来より日本は人智を超えたこういうことを大事にしてきた。そしてこれからも大事にしていかないといけない。

あすのかたらんなではみなさんその話題が多いでしょう。そちらも楽しみにしてます。
みなさん書いてくださいね。

ほんと今日はとても素晴らしい日でした。
おやすみなさい。失礼致します。




同じカテゴリー(休題、その他なんでも)の記事画像
学生の頃の自分の足跡を辿る
流行りの仮想通貨というものに乗ってみた。
ハイヤの祭典~海族祭へ行ってきた
牛深高校開校記念式典からはじめよう
ぼくらの自衛権戦争その3
ぼくらの自衛権戦争その2
同じカテゴリー(休題、その他なんでも)の記事
 学生の頃の自分の足跡を辿る (2018-05-30 03:57)
 流行りの仮想通貨というものに乗ってみた。 (2017-12-08 08:01)
 ハイヤの祭典~海族祭へ行ってきた (2016-07-18 04:15)
 牛深高校開校記念式典からはじめよう (2015-11-01 05:16)
 ぼくらの自衛権戦争その3 (2015-08-25 22:07)
 ぼくらの自衛権戦争その2 (2015-08-24 04:15)

この記事へのコメント
昨夜は天皇陛下関連のニュースもみておりませんでした(._.)
ブログを読ませて頂いて、私もまさに同じ日本人だと
実感しております。貴方の感動が伝わって来ました。
国民を思われる両陛下の記事を読む度に、ご心労で
お倒れにならないか不安です。
比較になりませんが、幼い頃 地元の代議士の大臣就任時に
旗と提灯を持って行列があった事が微かに記憶に残っています(^_^)
Posted by あひるちゃん at 2013年10月27日 06:31
〉あひるちゃん
感動が伝わってうれしです。
本日も熊本駅などに奉迎に行ってきたのですが、陛下のスケジュールはほんとに大変そうでお疲れの中、たくさんの国民に手を振ってくださるお心使いにうれしく思い私もお体が心配になりました。
Posted by hirokhirok at 2013年10月27日 18:59
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。



HPはこちら↓

LINEスタンプ

またはクリエイターズスタンプのとこで『牛深』でも『ハイヤコ』でも検索出来ます!